オイルミルズ

アラキドン酸とオレイン酸のそれぞれの働き

アラキドン酸もオレイン酸も不飽和脂肪酸の一つであり、どちらも体にとって必要な油と言われています。
どちらも体内で生成することができますが、その量は少なく、必要量を満たすことはできません。
さらに、歳をとるにつれ体内での生成量が減っていくため、食事での摂取が必要なものです。
こういった点では両者は共通していますが、細かい点ではその性質や効果が異なります。

オレイン酸のもっとも大きな特徴として酸化しにくい点があります。
酸化すると物質は錆びます。
これは、体にも当てはまります。
体が酸化することは老化につながります。
酸化しないと過酸化脂肪酸を作りにくいというメリットがあります。
過酸化脂肪酸は発がん性のある危険な物質ですから生成しにくいことはとても良いことなのです。
そして、他にも胃酸の出過ぎを抑えてくれ、胃潰瘍や胃が荒れることを防いでくれます。
また、悪玉コレステロールを減らしてくれるため生活習慣病予防にも効果的です。

このようにオレイン酸が体内で様々な働きをしてくれるのにはある仕組みがあります。
それは、オレイン酸自体が体にこれらの効果をもたらすのではなく、オレイン酸が体内で分解されることでこれらの効果が得られるためです。
オレイン酸は体内で様々な物質に分解されます。
その中の一つにアラキドン酸も含まれます。
ですから、肉を食べなくてもオレイン酸が含まれる植物油を摂取することでアラキドン酸を得ることができるのです。
私たちの食生活は和食からジャンクフードや洋食を食べる機会が増えたため、野菜の摂取量が減り、その分肉類の摂取が増えています
肉類の過剰摂取はコレステロールの摂りすぎや便秘の原因にもなります。
ですから、肉の摂取機会を減らしその分野菜を摂取することは体にとても良いことです。
ぜひ、食事の中にオレイン酸http://www.southwestfastener.com/oleic-acid.htmlを積極的に取り入れ、肉を食べる機会を減らしてみましょう。
オレイン酸を含む植物油にはオリーブオイルや紅花油や菜種油といったものがあります。
それぞれに特徴や味の違いがありますから、様々な調理場面で使い分けてみましょう。