オイルミルズ

アラキドン酸とグルココルチコイド

グルココルチコイドという名前はあまり浸透していないため、聞いてもピンとこない人が多いものです。
しかし、ステロイドという名前は知っている人が多いものです。
このステロイドと言われる薬品の多くがグルココルチコイドのことを指します。

ステロイドについては、賛否両論ある薬品のためあまり良い印象がない人も多いでしょう。
スポーツの世界では筋肉増強剤として、禁止薬物にされています。
アトピーやアレルギーで処方されることも多いですが、皮膚に色素沈着ができるといった副作用が言われることもあります。
しかし、その効果は高く、治りが良くなるのも事実です。
強い薬ですから、使用量や使用期間をきちんと守ることが必要で、きちんと守れば安心して使用できるものであると言えます。

このグルココルチコイドには、アラキドン酸の遊離抑制作用というものがあります。
アラキドン酸が存在する分には特に体に害はありません。
むしろ、アラキドン酸は脳の記憶力を向上させたりアンチエイジング効果があったりと体にとってとても良いものです。
しかし体内のシクロオキシゲナーゼ、通称coxと言われる物質とアラキドン酸が合わさると体によくない物質を生成します
人によっては、病気の進行を早めることもあるので注意が必要なのです。
そのため、体内での合成を防ぐためにアラキドン酸の生成を抑えるという治療法があります。
それを行うために用いられるのがグルココルチロイドなのです。

身の回りのほとんどのものには、良い面と悪い面とがあります。
アラキドン酸もグルココルチコイドもそれは当てはまります。
摂りすぎ、使いすぎは体に悪いこともありますが、適切に用法を守ればしっかりと効果を得ることができます。
特にグルココルチコイドは良くないイメージが強いため、使用を避けたがる人が多いものです。
しかし、きちんと医師の指導を受け、その通りきちんと使用すればしっかりと効果を感じられます
不明点や不安があれば、その都度医師に相談して安心して使用するようにしましょう。