オイルミルズ

小さい子にアラキドン酸が必要な理由は?

アラキドン酸が注目されたきっかけは、高齢期の認知症やアルツハイマー病の予防のためです。
そのため、摂取すべきとされる人は中高年や高齢者と思われてきました。
しかし最近では、小さい子にも必要なものという考えが一般的になりました。
そのため、子どもや妊娠中の人も意識して摂取すべきとされています。

小さい頃にアラキドン酸が必要とされる理由は、中高年以上の人たちの摂取する理由とは少し異なります。
アラキドン酸は、認知症予防や物忘れ対策以外に記憶力を向上させたり脳を作ったりするために用いられたりするためです。
脳を作るために必要なため、妊娠中のお母さんが摂る必要があるのです。
また、母乳にもアラキドン酸は含まれているので授乳中も摂取を心がけたほうが良いのです。
母乳でなく、粉ミルクを用いている場合には、粉ミルクにもアラキドン酸が配合されているものがあります。
ですから、そういったものを選ぶようにしましょう。

アラキドン酸は動物性脂肪のため、肉や魚に多く含まれます。
離乳食の時期の子どもに肉を食べさせるのはなかなか難しいものです。
また、授乳中は脂肪を取りすぎると母乳の出が悪くなるとも言われます。
ですから、そのような場合には肉ではなく魚を用いたり、離乳食であればひき肉を用いたりするようにしましょう。

学童期に入ってからも記憶力を向上させる効果があるため、摂取することは意味があります。
ただし、気をつけるべきこととしてアラキドン酸だけを摂れば良いのではないということです。
小さい頃には脳だけでなく、体全体を作ります。
脳だけを作れば良いのではなく、骨や筋肉、体全体を成長させることを考える必要があるのです。
そして、アラキドン酸が体内できちんと吸収されるにはビタミンを合わせて摂る必要があります。
ですから、バランスのとれた食事を摂らなければならないのです。

私たちの食事は洋風化して毎日のように肉や魚が食卓に並ぶようになりました。
そのため、意識しなくてもアラキドン酸の1日の必要量きをちんと摂取できている場合が多いです。
ですから、バランスのとれた食事を摂ることを一番に考えるようにしましょう。