オイルミルズ

アラキドン酸とビタミンEの相性


脂肪と聞くと、肥満やニキビ、コレステロールが思い浮かびがちで、体に良いものと思われないことが多いものです。
しかし、脂肪も体にとって必要なものです。
良質な脂肪を取ることは、体の働きを良くすることに必要なことです。
このような良質な脂肪の中の一つに不飽和脂肪酸があります。
脂肪には、簡単に分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つがあります。
飽和脂肪酸は常温で固まっているバターやラード、牛脂のような動物性の脂肪で一般的に私たちが体に良くない脂と思いがちなものです。
不飽和脂肪酸は常温でもサラサラしているもので、オリーブオイルやごま油のような植物油、魚の脂が含まれます。
飽和脂肪酸は摂りすぎると中性脂肪やコレステロールの増加の原因となり、生活習慣病の原因となります。
それに対し、不飽和脂肪酸は中性脂肪を減らしてくれる働きがあります。
悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれたり、体のエネルギー源となる成分を作ってくれます。

このように、体に良いとされる不飽和脂肪酸の一つにアラキドン酸は当てはまります。
アラキドン酸以外にもDHAと言われるドコサヘキサエン酸、IPAと言われるイコサペンタエン酸なども含まれます。
アラキドン酸は体内でも生成できますが、その量は少なくさらに加齢とともに生成できる量が減っていきます。
そのため、食事での摂取が必要です。
そして、もう一つ気をつけるべき点として酸化しやすい点があります。
この酸化を防ぐのに効果的なのがビタミンEです。
ビタミンEには抗酸化作用があり、アラキドン酸の体内での酸化を防いでくれます。
他にも、活性酸素から体を守ってくれたりガンや心筋梗塞といった生活習慣病の予防にも効果的です。
ビタミンEを多く含む食品には魚卵や種実類が挙げられます。
ただし、ビタミンEも過剰摂取すると血液が固まりにくくなってしまいます。
ですから、体に良いからと闇雲に摂取するのではなく、適量を守るようにしましょう。