オイルミルズ

アラキドン酸は野菜に含まれている?

アラキドン酸は動物性脂肪に含まれるため、野菜には含まれません。
基本的に、肉や魚に含まれる以外には、ワカメなど海藻類の一部に含まれる以外には食品からの摂取はできないのです。
だからといって、野菜を食べる必要がないわけではありません。

特に、肉ばかりを食べると、アラキドン酸の過剰摂取だけでなく、脂肪の取りすぎを引き起こす可能性もあります
まず、過剰摂取は本来得られるはずの効果と逆の効果になることを知っておく必要があります。
たとえば、摂取しすぎると本来動脈硬化を予防するはずが、引き起こしやすくなるのです。
このように予防のために摂取するはずが、過剰摂取すると逆に引き起こしやすくなる場合が多いのです。
ですから、摂取量は守る必要があるのです。
また、肉類には脂肪が多く含まれます。
脂肪の取りすぎはメタボリックシンドロームや生活習慣病の原因となります。
人によっては、脂身を取らず赤身ばかり食べていたり魚ばかり食べれば安全と思っている場合があります。
しかし、野菜を食べないと繊維質不足で便秘を引き起こす可能性が高いです。
そして、栄養が偏るので肌荒れや体調不良を引き起こす可能性も考えられます。
野菜に多く含まれるビタミン類はアラキドン酸の吸収や体内での働きを助けてくれます。
ですから、野菜自体にはアラキドン酸は含まれませんが、野菜も食事に組み込んだバランスよい食事をとることが大切なのです。

最近では、ベジタリアンの食生活が注目されています。
ベジタリアンの数は確実に増えていて、最近ではベジタリアン向けのメニューがあるレストランや食材を取り扱うお店も増えています。
ベジタリアンの食生活にすることでもちろん、健康を手に入れられる人もいます。
しかし、栄養学的に見れば肉だけを食べるのと同じように栄養が偏ってしまうのは事実です。
特に、動物性脂肪にしか含まれないアラキドン酸の摂取量は明らかに不足してしまいます。
一部の海藻類に含まれているとはいえ、毎日摂取目安に相当する量を食べることは難しいです。
ですから、ベジタリアン生活を送りたいと考えている場合にはサプリメントhttp://www.travelvision.org/sapurimennto.htmlを活用するようにしましょう。