オイルミルズ

アラキドン酸の摂取を減らすには

アラキドン酸は様々なことに効果があるとして、最近注目されているものです。
脳の働きを良くすることや、認知症・アルツハイマー病予防に効果があることが特に有名です。
最近では、免疫力向上の効果があるとして、風邪の予防や花粉症・アトピー対策で摂取する人もいます。
他にもアンチエイジングへの効果やコレステロールを下げるためメタボリックシンドローム対策にもなります。
これらのアラキドン酸を摂取することで得られる効果は、多くの年代の人にとって必要な効果です。
たくさんの効果を得るために、たくさん摂取したいと思う人も多いでしょう。
しかし、アラキドン酸の過剰摂取は体に良いものではないので注意が必要です。

そもそも、アラキドン酸は動物性脂肪に含まれるため、肉や魚や卵、一部の海藻類に含まれます。
特に肉類はたくさん摂ると脂肪の取りすぎになってしまうこともあります。
そのため、肥満や成人病の原因になってしまう可能性があるのです。
そして、アラキドン酸を過剰摂取すると本来得られる効果と逆の効果が出てしまうことがあります。
たとえば、免疫力を上げるために摂取していたはずが、過剰摂取をすると免疫力が下がってアレルギー症状が出やすくなることがあります。
同様に、動脈硬化予防のために摂取していたはずが、過剰摂取すると動脈硬化を引き起こしやすくなってしまいます。

私たちの食生活は洋風化して毎日のように肉や魚、卵が食卓に並びます。
そのため、無意識のうちにアラキドン酸を摂取すべき量を補えていることがほとんどですし、すでに過剰摂取している場合も多く見受けられます。
そこで、すでに肉や魚を毎日食べている人は摂取量の見直しをしておく方が良いでしょう。

基本的に、1日に一度メインディッシュに肉を食べる程度で必要量を補うことができます。
肉の脂肪はコレステロールが多いので魚を食べる機会も増やしましょう。
魚の脂は体にとても良いですし、DHAやEPAも多く含まれています。
肉や魚の量を減らすと、食事量が足りないと感じる人もいるでしょう。
そのような場合には野菜をしっかり食べるようにしましょう。
野菜に含まれるビタミンはアラキドン酸の吸収や体内での働きを良くしてくれます。
ですから、肉を減らして野菜を増やすことは体にとってとても良いことなのです。